DEUT GOSPEL CHOIR CONCERT One Word

チケットは完売となりました。

あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。 詩編119:105(聖書)

 

“One Word”

私は、困難に直面した時多くの場合、ことばによって励まされたり慰められています。

「大丈夫だよ」「おそれないで」

ある時ゴスペルの歌詞を歌いながら、明日には心変わりするかもしれない人からのことばでさえ勇気付けられるのに、全世界を創造された神さまが私に「おそれないで」と語られていることは何と心強いことだろうと、素直に思いました。

ゴスペルの歌詞は、全て聖書や作者の祈りが書かれています。
今回お届けする曲One Wordの中で”One Word is all we need.”という歌詞があり、ここでいうOne Wordは、何か一つの特定のことばと言うより、神さまから人に語られた聖書全体を意味していると言えます。
人には、健康や死、理解されない孤独など多くの不安があるかもしれません。
この曲の作者もそのような中で、「どうか聖書からこの恐れや不安を取り去ることばを語ってください!」と祈りを込めて書かれたのだと思います。

私にとっても「おそれないで」という神さまからのことばは、不安に思うこれからの歩みにおいてのともしび、道しるべとなる光となりました。

今回お届けするコンサートの曲を通じて、皆様にとっても心に残るOne Wordがあれば幸いです。(NOBU)

 

 

 

日時:2016年10月29日(土)開場13:45 開演14:15

場所:キリスト品川教会 グローリア・チャペル

http://www.gloria-chapel.com

〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-40

電車ではJR品川駅から徒歩8分(高輪口を出て、第一京浜を横断し点線のようにお進みください)
京浜急行北品川駅からは徒歩3分

都バス(五反田駅〜六本木ヒルズ)御殿山から徒歩2分、
東急バス(品川駅〜池上駅)北品川から徒歩2分。

church_map

 

 

出演

DEUT GOSPEL CHOIR

ブラックゴスペルを中心に、技術の向上だけでなく 歌詞の意味も知るよう心がけ、ゴスペルに真剣に 取り組むクワイア。
2012年日本橋三井ホール「The Gospel Story」
2012年、14年、ホテルオークラ東京主催クリスマス イベント参加など。

 

ディレクター:NOBU

高校時代にゴスペルに出会い、上京。
教会系クワイア、 YAMAHA等のゴスペルクラスを指導した後独立、2011年 DEUT株式会社を設立。
現在DEUT株式会社代表取締役、ゴスペルディレクターとして、様々な場所でのゴスペル指導や国内外アーティストとの共演などを通し、自身を支えたゴスペル音楽を日本の人々に伝えるべく広く活動中。

 

■バンド

キーボード:山本裕太

yuta-profile

神戸市出身。幼少の頃より音楽を始める。
18歳のときにオリジナル作品を中心とした山本裕太ピアノソロコンサート“翔”を行い好評を博す。
その後上京、ヤマハ音楽院に入学。

20歳のときにブラックゴスペルと出会う。
在日米軍キャンプ座間ハウジングエリア内黒人教会礼拝キーボーディスト、Good Shepherd Church of God in Christ(COGIC)契約キーボーディストを経て2015年1月よりFaith Christian Fellowship Worship Center(Fussa Tokyo Japan)契約キーボーディスト。
国内外多数のゴスペルシンガー、クワイア、イベントのキーボーディストも務める。
また、セッションミュージシャンとして田澤孝介(ex.Waive,Rayflower)、wyse、西郷輝彦、SOLIDEMO、大久保伸隆(ex.Something ELse)、小柳ゆきなどのライブ、レコーディング、収録に参加。
ブラックゴスペルを軸にジャンルにとらわれない演奏スタイルで様々な活動を展開中。

 

キーボード:八木美恵子

IMG_2181

三歳よりピアノを始める。
東京音楽大学ピアノ演奏家コース科を卒業後、渡米し、インディアナ州立大学音楽部にてジャズ音楽を学ぶ。
現在、新宿ピットインにレギュラー出演。
ゴスペル音楽やタッブダンスとの共演など、編成、ジャンルも幅広く演奏活動を行なう。

 

ベース:馬庭広考

Instructor_Maniwa

島根県出雲市出身、18歳の時に上京しヤマハ音楽院bass科に入り バカボン鈴木氏、鹿島達彦氏、後藤眞和氏に師事する。卒業後、バンド活動、サポートLive、レコーディング、セッションなどジャンルにこだわらず活動中。
2012年頃より、相模原居住区の教会にて、ベーシストとして契約。管楽器五人がフロントのバンドThe under wisteriaとしても活動中。

 

ドラム:小林美香子

Mikako

Hard Rockに夢中だった10代、どうしても本場の空気が吸ってみたくなりMI(Los Angeles)に留学。帰国後、7国籍のメンバーで結成されたバンドに加入したり、日本人女性のみでインストゥルメンタルバンドを結成、テレビ朝日の「プロファイル」に出演したりしていた。
洗礼を受けクリスチャンではあったがゴスペル音楽とは無縁でほとんど何も知らなかったが、友人の紹介で米軍相模原住宅地内の黒人教会にて演奏を始め、契約ミュージシャンを10年弱務めた。
以降、サウンズオブジョイ ゴスペルクワイヤー、ラニーラッカー、キャロルギャズデン等と共に活動を行っている。

 

チケット:¥2,700

 

お申込み・お問合せ

チケットは完売となりました。

 

フォームよりお申込いただけない場合は、下記へご連絡ください。

dgc@deut.jp  03-6884-2238

 

お申込みに際して

1.お申込み後自動送信メールが届きます。1週間以内にチケット代ををお振込みください。
※振り込み手数料は、お客様ご負担となります。
※チケット代の返金は、不可となります。

2.お振込先
・郵便局から→「記号10180-10107401 デュートカブシキガイシャ」
・銀行からお→ 「ゆうちょ銀行 018店 普通 口座番号1010740 デュートカブシキガイシャ」

3.入金確認後、チケットをご郵送いたします。
※1週間以内にお振込みがない場合は、仮予約はキャンセルとなります。